スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚を捌く

私が料理嫌いなことは散々書いているのですが
当然魚もほぼ捌いたことありません

一人暮らしのときは魚を一尾買うなんてことは
秋刀魚だししゃもだと包丁いらずな魚のみ
(ホッケとかあらかじめ開いてあるのは除いて)

いまだに魚を三枚におろしたことなんてないし
買うのはなるべく切り身です

今はそこまで抵抗が無いですが若い娘っ子のころは
魚を触るのが怖かったのもあります
今もサバ以上の大きさの魚を捌くなんてかなり抵抗があり
捌いたことなどないし、今後も捌こうとも思わないでしょう

では私が捌ける魚とは
ちっこい魚です

いわし、アジぐらいのサイズならいける(苦笑)

それでも面倒だし、手が生臭くなるのでできればやりたくないです
切り身のが断然料理するのも楽だし、ゴミの始末も楽

とは言え、お魚もお値段が高いので
安いお魚が出ているときは捌く覚悟をして買います

そんな今夜のお魚は捌く覚悟をして買ったアカカマス3尾214円
鯛好きの主人が好きだろうなと思って以前買ったらやっぱり美味しいって気に入ってたので

でも地味にうろこもあるので面倒です
鱗とりなんぞ持っているはずがありませんので出刃の刃でガリガリやります
小さい鱗なのであまり飛ばないのが救いです

本当ならスーパーで捌いてもらって買ってきたいのですが
私が愛用しているスーパーはお値段が安いかわりに
そういったサービスを一切してくれないお店のため
たまに朝とれの魚がごろごろ並んだりして欲しくなるのですが
いつも食べたいなーと思って眺めるだけです
(刺身可とか書いてあったらめっちゃ欲しくなりますが
刺身にまで捌くのにどれだけの労力がいることか)

実家の近くに住んでいたら迷わず買って帰って弟に捌かすんですけどね
(弟は学生時代魚屋でバイトしていたためブリ、カンパチサイズも捌いてくれる)

そして料理嫌いは母譲りと開き直っているところがあるのですが
どうやらそうでもなさそうな話を母から聞きました

というのもその魚屋バイト経験がある弟が海釣りにはまり
毎週アジを釣って帰ってくるらしいのですが、これが
微妙な大きさで南蛮漬けにするほど小さくもなく
塩焼きにするほど大きくもないということで、母が毎週毎週開いて
ピンセットで骨を全部抜いてフライに仕上げているらしいのです

面倒くさっ!

って言ったらうちの母は「時間さえあったらそんなに嫌じゃない」というのです
「骨抜いたほうが食べやすいやろ?フライぐらいしかレパートリー無いし」だそうな

おいしく食べてくれる人が居て時間があれば料理も苦痛ではなさそうな母
母が料理嫌いと自ら言ってましたが、どうやら母は料理が嫌いというわけでも
ないのかもしれません。。。

そういえば新婚当時に父に洋風の晩御飯を出してけちょんけちょんにけなされて
もう料理を作る気をなくしたって言ってたような。。。
私が小さいころは手作りのドーナツとかシュークリームとか食べてたかも

私はアジフライもコロッケも今はお惣菜を買う派です
だってその方が材料、光熱費、手間とか考えても絶対安いんだもの
ちなみにアジフライ一枚100円、コロッケ50円ほどです
アジフライなんてアジ一匹が100円じゃ買えないですからねー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

もつ

Author:もつ
一児の男の子のかーちゃんです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。